リゼロ

リゼロの設定6狙いの期待値は、実際にはどれくらいなのか?

実際ホールで設定狙いをするときは毎回ピンポイントで設定6に座れるわけではなく、
外した時はある程度低設定を回すことになりますよね?

設定6をツモれた時は期待値がプラスになりますが、
外した時はある程度低設定を回して期待値がマイナスになってしまいます。

今回の記事は、

(設定6で得られるプラスの期待値)(低設定を回した時のマイナスの期待値)

をツモ率別に計算して、
どれくらいの6投入率、ツモ率ならば狙う価値があるのかについて考えてみました。

 

■設定6狙いをしているけど、なかなか思うようにツモれない。
■ツモれなかった時はいつも負けていて、割に合わない気がする。
■ツモ率がどれくらいなら狙う価値があるのか?

僕自身、このような疑問を感じているので、ツモ率別に現実の期待値を計算してみました!

条件

・設定6は1台、他はすべて設定1

・出玉率
設定1の出玉率97.4%
設定6の出玉率113.3%
※いずれもメーカー発表値

・設定6をツモった時は10000G回し、
外した時は設定1を1000G回す。

計算結果

※表が見ずらい場合はスマホを横にして頂くと見やすくなります。

ツモ率
(設定6の台数)
外した時の
期待値
ツモった時の
期待値
差し引き トータルの出玉率
1/5台 -312枚
/4000G
+3990枚
/10000G
+3678枚 108.75%
/14000G
1/10台 -702枚
/9000G
+3990枚
/10000G
+3288枚 105.76%
/19000G
1/15台 -1092枚
/14000G
+3990枚
/10000G
+2898枚 104.02%
/24000G

※例えばツモ率1/5台の場合、設定6をツモった時は10000G、
外した時は設定1を1000G×4回と仮定して計算しています。(合計14000G)

この辺は今までぼんやりと感覚的に判断してきましたが、実際に計算してみると面白いですね。

実際の稼働では以下にあげるような要素によって期待値が上下することが考えられます。

現実に起こりうる不確定要素をまとめて、それぞれについて考えてみました。

期待値がプラスに働く要素

多くのホールでは設定2ベースで営業している。

人気があって稼働が良い、246示唆が出やすくお客さんに粘ってもらえる、などの理由から

リゼロは全国的に設定1ではなく設定2ベースで営業されています。

※僕が見たデータでは、全国の半数近いホールが設定1を使わないと書かれていました。

設定2の出玉率は99.0%とされているので、(これが正しければ)
外した場合のマイナスの期待値が計算よりも小さくなりますね。

設定6以外にも、設定4や5が投入されている可能性がある。

メイン機種として扱ってくれているホールが多く、設定6に加えて設定4、5を使っているところも多いです。

今回は設定6以外はすべて設定1と仮定して計算しましたが実際の稼働では設定4や5に座れる可能性もあり、
その場合は期待値が計算よりも高くなりますね。

期待値がマイナスに働く要素

設定6があると思っていたけど実はなかった。

これが一番ヤバいです。6があると思って探したけどなかったパターン

期待値がマイナスになる上に、時間も失って精神的ダメージもでかいです(笑)。

これはリゼロに限らず他の機種を設定狙いする時も同じですが、過去のデータとも照らし合わせて

設定6が使われている確信があるときだけ狙いたいですね。

現金投資が含まれる。

貯玉再プレイや等価ならば問題ないですが、現金投資が含まれると期待値は計算よりもかなり落ちます。

現金投資が含まれる場合は、設定狙いをする前の段階から慎重に押し引きを決めましょう。

換金ギャップの簡単な計算方法と、勝敗に与える影響を知っていますか?全国的に非等価への移行が進んでいますが、皆さんの地域はどうでしょうか? 僕の住んでいる地域は5.5枚交換が主流です。 ...

設定6を捨ててしまう可能性がある。

私事で申し訳ないのですが、僕は基本最初の有利区間が悪かった場合はそこで即ヤメしています。

つまり1周で見切っているという事です。

まだ今までこの立ち回りで設定6を捨ててしまった事はないですが、5回に1回くらいは捨てる覚悟で見切っています。

ここは賛否両論があるところだと思います。

僕みたいな極端な場合でなくても、現実の設定狙いでは少なからず設定6を捨ててしまう可能性があるので、計算よりも期待値は落ちます。

逆に低設定が良挙動をして、余分に回してしまう事も考えられますね。

これも期待値がマイナスに働く要因です。

リゼロの設定判別の3つのポイント(高設定のツモり方)※現在は内部システムの解析情報が少ないため、筆者の実践値からの考察を書いております。 間違っている可能性が高いので、それをご了承の上お...

まとめ

個人的な落としどころはツモ率1/10くらいのラインかなぁと思います。

ツモ率が上がれば期待値は高くなるので、データチェックをしっかりやって
強い日を狙ったり、ホールのクセを掴んでいきたいですね。

大切なのは設定6が必ずあることと、ツモ率を上げる事です。

狙い台がある程度絞れる場合は良番を引けて狙い台が空いていたら打つ、
抽選番号が悪くて狙い台が取られていたら諦めるのがいいのかと思います。

設定6は絶対にあるんだけど、ホールのクセから推測すると今日この台には入らない!

みたいなときは素直に諦めて他の機種に狙いを切り替えるなど、臨機応変に立ち回るのが勝利への近道ですね!

今回はリゼロで計算してみましたが、
もし他の機種でもやって欲しいなどリクエストありましたら是非コメントしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です