パチスロの学校

【中級者向け】サイトセブンを使いこなそう!具体的な使い方まとめ

↓クリックすると登録サイトに飛びます

 

■サイトセブンの基本的な使い方は知っているけど、うまく使いこなせてない気がする。
■サイトセブンのもっと上手い使い方を知りたい。

そんな方向けに、
この記事ではサイトセブンをさらに上手く活用するための方法を具体的にまとめさせてもらいました!

僕の近隣ホールで多く採用されているカウント方法で解説していますが、
ホールによってBB、RB、AT、ARTのカウントの仕方が違うところもありますので注意してください。

その場合はそのホールのカウント方式に変換して読んでもらえればと思います。

【上級者向け】サイトセブンのVIPコースは利用する価値があるのか?サイトセブンには通常コース(税別500円)とは別にVIPコース(税別1000円)というものがあるのはご存じですか? VIPコースに...

 

まずは基本的な使い方から知りたい、という方は↓をご覧ください。

【初心者向け】サイトセブンの使い方の基本!最も便利な3つの機能とは? 今回の記事は初めてサイトセブンを使う方向けの解説になります。 データを見たいホールの探し方と、よく使うデー...

『大当たり履歴』を使って、設定差の大きい当りを確認

大当たり履歴』ではリゼロ、HEY!鏡、初代まどマギなどの直撃AT、ARTや

番長3の通常ボーナス、花火やA-SLOT偽物語などのBIG中ハズレなど設定差の大きい要素を確認することが出来ます。

それぞれ画像付きで解説させてもらいます。

リゼロの直撃ゼロからっしゅ

リゼロは白鯨攻略戦が赤字ゼロからっしゅが黒文字のRBでカウントされます。

画像のように赤字から始まっているATは白鯨勝利から、RBから始まっているATは直撃だと分かりますね!

HEY!鏡の直撃AT

鏡はATが赤字BBが黒字のRBでカウントされます。

画像のように赤字から始まっているATは直撃だと分かります。

初代まどマギの直撃ART

初代まどマギのマギカラッシュは赤字で表示されます。

初代まどマギのマギカラッシュは、データランプの自動判定でカウントされるので、ボーナス中に当選した場合はボーナス後14GからARTがカウントされます(MBの入賞によって数ゲームズレる場合もあります)。

※自動判定とは、リプレイやベルの払い出しなどが連続した場合に、
データランプが自動で感知してART突入をカウントするシステムです。

画像のように14Gの赤字はボーナス中に当選したマギカラッシュ、
166Gの赤字は直撃と判断することが出来ます。

注意したいのは画像の赤字15Gのような引き戻しラッシュを直撃と勘違いしない事と、自動判定による偽直撃ラッシュです。

偽直撃ラッシュとは下の画像のように、直撃ラッシュぽく見えるのに実際は違うパターンです。

この画像の赤字147Gのように、直撃ラッシュと同時刻にボーナスが入っている場合は要注意です。

これはボーナス待機ゲーム数が長い場合に、データランプがラッシュに突入したと勘違いしてカウントしてしまうことで起こります。

ラッシュの直後に次のボーナスが入っている場合と、ラッシュの獲得枚数が『–』になっている場合は注意が必要です。

番長3の通常ボーナス

番長3は頂ジャーニーが赤字ボーナスが黒字のRBでカウントされます。

基本的にボーナスはジャーニー中に入るので、1Gor2Gで連チャンとしてカウントされますので、↑の画像の黒字の49GのRBは通常ボーナスだと分かります。

ただし注意したいのは通常ボーナスの獲得枚数です。

↑の画像のようにゲーム数の右の獲得枚数が238になっている場合、これは設定差のない超番長ボーナスです。

超番長ボーナスは次回天国確定なので、直後のジャーニー中に再度ボーナスを引いていることも確認できます。

番長3の通常ボーナスを発見したら、それが超番長ボーナスではないかどうかを確認しましょう!

BIG中ハズレに注目

具体例として花火の『大当たり履歴』でBIGの獲得枚数を見てみましょう。

ハズレが出ていない場合は311枚になっていますが、
画像のように309枚が表示されていた場合はハズレを引いた可能性があります。

ハズレを1回引くごとに-2枚されるので、1BIG中に2回ハズレを引いた場合は307枚になります。

注意したいのハズレを引いていないのに獲得枚数が309になってしまう事があることです。

BIG中に1度だけ、左中段に赤七をビタ押しするとMAX311枚取れますが、
その後さらにビタ押しをするとそのたびに獲得枚数が1枚ずつ減ります。

これでハズレを引いていないのに309枚獲得とカウントされてしまう場合があります。

またお店によってはBIG後すぐに回すと獲得枚数が減るところもありますので、
309以外のBIGがちゃんと311になっているかどうかも確認しましょう。

またハナビ以外にも、BIG中ハズレに設定差がある台ではこの方法が使えます。

例えばA-SLOT偽物語(設定56濃厚)や、バーサス(設定2以上濃厚)などですね。

全リセ店を見つけよう

全リセ店がみつかると超美味しいです!

天井短縮の凱旋、リセット0Gからでも期待値のある星矢や獣王、リセ後40%以上で天国の笑うセールスマン3etc・・・。

大当たり履歴』で朝イチの一度目の当たりが何Gで当たっているかを集計していくことでリセット店を探し出すことができます。

全リセ店、これはめちゃめちゃ貴重です。

全リセ店が見つかると朝イチ~夕方ぐらいまでホール移動なしで、ひたすら期待値のある台を打ち続けることができます。

近隣のサイトセブンが使えるホールは全リセかどうか確認しましょう!

【メシマズ注意】管理人の稼働日記(2019/7/12)【全リセ店実践】本日の稼働は最近メインで通っているスロ専U店です。 お店スペックは以下の通り。 ・5.5枚 ・再プレイ1000枚 ・...

↓クリックすると登録サイトに飛びます

最後の当たり時間からリセ台を見抜く

全リセではないホールでは『大当たり履歴』→時間に注目!

ホールの設定によってはAT・ART中にもスタートゲーム数のカウントが上がっていくところもあります。

そういうホールでは、スタートが0以外でもリセットとなることがあるので注意が必要です。

リセットがどうか見抜くには『大当たり履歴』→時間に注目。

この時間が閉店時間に近ければ近いほどAT・ART中に閉店を迎えた可能性大=翌日リセットとなります。

リセットで恩恵のある台を狙う時に役立つので覚えておくと便利ですよ!

ボーナス間やART間天井を狙おう

大当たり履歴』でハマり台を見抜きましょう。

機種によってはボーナス間1000Gハマりなどで天井、ART確定となるものがあります。

こういう台は一見ハマっていないように見えるため狙い目です。

ボーナス間天井をサイトセブンで探すには『大当たり履歴』を見ましょう。

よくあるパターンとして、

このように赤字のART当たりが続いている台やRBが連続している台などはボーナス間大ハマリの可能性アリです!

スルー回数天井もよく見よう

ゲーム数ハマり天井は消すけど、スルー回数天井までは消さないというホールがあります。

バジ絆などBB連してAT、ARTが上がっていない台は狙い目!

絆や星矢などスルー天井搭載台は大当たり履歴でゲーム数以外もよく見ましょう。

宵越しハマり台を狙おう

BB・RB・ARTが0回が何日も続いている台が狙い目です。

大当たり履歴』で一日の当たりがない台や『出玉詳細』でBB、RB、ARTが0の台。

これが何日にも渡って続いている台は数日間宵越しハマり狙いすることができます。

狙う場合は『大当たり履歴』or『出玉詳細』の上部バーにある
当日、前日、2日前タブを順々に見ていって、スタート(総G数)を確認します。

当日スタート+前日スタート+2日前スタート=宵越ハマりG数になります。

ただし毎日リセットをする店や、宵越しG数をしっかり把握していてリセットをかける店もあります。

その店が宵越し狙いが出来るのかどうか不明な場合は手を出さず、その後の挙動をサイトセブンで確認しましょう。

もし宵越し天井が発動しているのが確認できれば、次からは積極的に宵越しも狙っていきましょう!

『大当たり履歴』が見れないお店では『只今スタート』が使える

ホール側の公開設定によっては、

このように『大当たり履歴』が見れないホールがあります。
(↑の画像はパチンコですが、スロットでも同様です)

そんなホールでは『出玉詳細』をタップして、『只今スタート』に注目です!

只今スタート』=『大当たり履歴』のスタートと同じです。

大当たり履歴』が見れない。
だからこのホールはサイトセブンで使えない。

と思ってしまう前に『出玉詳細』の『只今スタート』が見れるかどうかも確認しましょう!

大当たり履歴』を見ている人は多いですが、『只今スタート』まではチェックしていないという人もいるので、一見、サイトセブンが使えなさそうなホールこそお宝台を拾うことができるかも!?

サイトセブンとホールのデータカウンターを見比べよう

サイトセブンとホールのデータカウンターが同じとは限らないです!

例えばサイトセブンとBBとRBのカウントが逆だったり、

実際は当たっているのにサイトセブンに当たりが上がっておらず大ハマリしているように見えたりなど、

サイトセブンとホールのデータカウンターに上がっている大当たりの情報がまったく同じとは限りません。

うまくサイトセブンとホールのデータカウンターの連携が取れていないこともあるので要注意です。

これを気にせずに『大当たり履歴』のスタートのみを見てハマりを判断してしまうと・・・

天井に到達したのに発動しない。
→実は前日当たり後、即ヤメだった。

というように、ものすごく痛い目を見ることになります。

特に凱旋など一回の投資が大きい機種では要注意です。

1種類のデータのみを過信せず、打つ前にはサイトセブンのグラフ、ホールのデータカウンター、ホールのグラフなど複数のデータと照らし合わせて使いましょう!

打つ前には必ずグラフを確認しましょう

ハマり台やスルー回数狙いなどでは、グラフの凹みがあるかどうかもホールのデータカウンターで必ず確認しましょう。

サイトセブンのスタートではハマっているけどホールでグラフを見ると右上がりで終わっている。

こういう台があるので、ハマり台を見つけたらグラフも一緒に確認必須です。

実際僕はバジ絆のスルー回数狙いで痛い目を見たことがあります。

ホールのデータカウンターで確認して、ちゃんと当日6スルーだったので安心して打ちだしたらBC11回でもBTに入らない・・・。

おかしいと思ってグラフを確認したら、BC6回目の後にグラフが上昇していました。

ベルの押し順を間違えると、BTに入っていてもデータカウンターでカウントされない場合もあります。

ちゃんと打ち出す前にグラフを確認すれば防げたミスです。

皆さんは僕のように痛い目を見ないように、打ち出す前にグラフもしっかり確認しましょう!

ノーボーナスの台はレンジに注目

レンジ = その日の最大に伸びた出玉数です。

このようにサイトセブンでBB、RBが0なのにレンジが100枚以上出ている台があることがあります。(数十枚くらいだとベルなどの子役で上がった可能性があります)

この場合、どこかで当たりを引いたけど、データカウンターに上がっていないということがわかります。

これを見ずに天井狙いなどしてしまうと・・・見立てよりかなり浅い台を天井狙いしてしまうことになります。

特に宵越天井狙いをするときには要注意です。

データ更新日時に注意

サイトセブンは完全なリアルタイムではありません。

大当たり履歴の下に
データ更新日時:2019/07/27 16:51
などの時間が書いてありますね。

サイトセブンはリアルタイムのデータではなくこのデータ更新日時に取得されたデータが表示されています。

つまり、データ更新日時とリアルの時間との差が大きければ大きいほど、実際のデータとはかけ離れたデータが表示されるということになっています。

このデータ更新日時が何に役立つかというと、例えば前日ハマり台を見つけた時です。

仮に前日900Gハマりの凱旋を見つけたとします。

ここで、明日この凱旋が打てる!と判断する前にまずはデータ更新日時を見ましょう。

このホールの営業時間は9:00~22:40です。

この更新時間が22:00、22:30など閉店時間前のものになっていたら、まだ正確な最終データがサイトセブンに上がっていない可能性大です!

この更新時間を気にせずに翌日打ってしまうと・・・前日当たり後即やめ台を打ってしまう可能性もあります。

ということで、前日下見などでハマリ台を探す時は必ず更新時間も確認しましょう!

ライバルの痕跡を気にしておこう

美味しいハマり台が何時の時点で打たれているのか、放置されているのか。

サイトセブンを使えばホールに行かずにわかります。

もし、美味しい台が長時間残っているのならそのホールは他にライバルがいないホールなのかもしれません。

ライバルがいないホールは貴重です!

そのホールに朝イチ最優先で行くもよし、他ホールで打てる台がなかった時の保険に取っておくもよし。

ライバルがいないホールでは、当日ハマりでも拾いやすいという利点もありますね!

↓クリックすると登録サイトに飛びます

【上級者向け】サイトセブンのVIPコースは利用する価値があるのか?サイトセブンには通常コース(税別500円)とは別にVIPコース(税別1000円)というものがあるのはご存じですか? VIPコースに...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です